腸まで届くビフロの酵母菌について

Bifuro酵母の消化液耐性試験

Bifuro酵母の消化液耐性試験

人工的に胃液や腸液に近い溶液を作成してその中で酵母が生きていられるかを確認する試験です。

その結果、胃液や腸液の中でほぼ100%の酵母菌を確認

胃液:0.4%ペプシン溶液を塩酸にてpH3.0に調整後37℃4時間処理
腸液:2.5%パンクレアチン液、0.4%胆汁末にて37℃27時間処理
処理後、平板法にて菌対数を確認

研究所開設時の実験より(2010.2)北海道立食品加工研究所内にて
主任研究員 天野伸治郎(医博)他2名

日本ダルム株式会社